お尻にグラスを乗せている女性

ランジェリーパブのお仕事と求人情報はどんな感じ?

風俗の業種も、そのサービスの種類は店のコンセプトによってさまざまに変わります。

ディープなサービスを提供するものから、ライトでちょっとエッチな程度のサービスをするものなど求人もたくさんの種類に分かれてやっているのです。

だから、風俗未経験者の女性は求人に応募する時はどれに応募するつもりなのかを確認してからにしましょう。

ランジェリーパブについて

ランパブとも呼ばれるこの業種では、女性がお店の指定やあるいは自分の好みの可愛いランジェリー、つまり下着姿でお客さんをおもてなしするというタイプの業種になっています。

こちらも、風俗の業種に数えられる一つではあるのですが、どちらかというと寧ろお酒を飲む場所という風な色合いのほうが強いですね。

下着姿、および水着姿での接客になりますので露出が高くスタイルのいい人ほど見栄えがします。中には、キャミソールありのお店もあるのですがそれは求人でチェックしましょう。

ランジェリーパブのサービス内容について

セクキャバと違い、あくまで下着姿で男性をおもてなしするというものであってタッチは基本的にないことが多いです。ただ、セクキャバとお店を兼ね合いにしていることもあってタッチOKのお店もありますので、こちらも事前に求人などで情報を確認しておくと誤解がなくていいかと思います。

ランジェリーパブの実態

昔はかなり流行った業種なのですが、今はどちらかというと少ないながらも固定客を確保しておりそこで上手に回すというようなフェチ系の営業が基本になっています。

どちらかというと、お店のタイプは高級志向であることが多いので女性側にもそれなりの品が求められる、ということも念頭に置いておくといいでしょう。